「Microsoft Lync / Skype for Business / Teams」でビジネスを活性化させる

Microsoft Teams/Skype for Businessソリューション カタログ

生産性向上

生産性向上はあらゆる企業のあらゆる業務に共通する経営課題です。生産性を向上させることで、スピード経営やTCO削減など多くのメリットが得られます。生産性向上の対象は企業や部署、職種などによってさまざまですが、ここでは会議や会議室運用、社内コミュニケーションやモバイルワーク、およびITシステム運用にフォーカスし、それらの生産性向上を実現するソリューションをご紹介します。

課題
会議室や会議室運用の効率化を図りたい

会議を効率化するポイントはいくつかありますが、まずは必要な会議を場所や時間に縛られずタイムリーに行えることが肝要でしょう。そのうえで、ファイルや映像など必要な情報を簡単に共有できると効率も上がります。また、会議室の運用についても、誰も使っていない時間が長ければ、その分無駄が発生することになります。そのため、稼働率を高めるための施策が求められます。

解決
ハードウェアを組み合わせてビデオ会議の実現へ

Teams/Skype for Businessによる会議システムを導入すれば、オンラインでの会議が可能となるので、場所や時間に縛られることはありません。例えば、会議に欠かせないメンバーが海外出張で長期不在の場合、通常なら帰国するまで待たなければなりません。Teams/Skype for Businessならその点、インターネットに接続さえできていれば、海外からでも会議に参加できるため、生産性を向上できます。

さらに、ヘッドセットやWebカメラなどのUSB機器を適宜導入すれば、使い勝手を向上させることができます。これにより、映像で情報の伝達や共有がより深まったりするなど、さらなる生産性向上を推進させることができます。

製品紹介

課題
社内コミュニケーション、モバイルワークの効率化を図りたい

社内コミュニケーションの手段は電話やメール、IMなどさまざまな手段があり、TPOに応じて使い分けます。その際、手段ごとにアプリケーションをその都度起動したり、デバイスを切り替えたりしていては、生産性が低下してしまうでしょう。しかも、コミュニケーション相手の所属部署など、必要なビジネス情報までも毎回用意していては、ビジネス効率も低下してしまいます。

解決
デバイスとビジネス情報の連携でコミュニケーションの活性化

音声やIMなどが統合されたTeams/Skype for Businessを導入すれば、オフィスのPCやモバイル端末、スマートデバイスなどから、1つのプラットフォームでコミュニケーションが行えます。そのうえ、VoIPゲートウェイと組み合わせれば、既存の内線電話や外線電話までも統合可能となり、一元化によって生産性を大幅に向上できます。

そして、Teams/Skype for Businessの機能拡張によって、組織図連携などを可能にしたり、ハンドセットなどのUSBデバイスによる利便性の向上も考えれば、トータルなコミュニケーション基盤を構築することができ、さらなる生産性向上が見込めます。

製品紹介

課題
社内ITシステム運用の負荷を軽減したい

企業経営に不可欠なITシステム。その運用管理業務の生産性を向上させることで、担当者の工数や時間を軽減してコスト削減などにつなげられます。さらに、ITシステムの運用管理では、ネットワークのパフォーマンスなど、高い品質の維持も求められます。

解決
クラウド利用やモニタリングの推進でITシステムの負荷を軽減

ITシステムの運用負荷軽減の有効な対策として、近年広まっているのがクラウド利用です。サーバやストレージといったIT資産をクラウドに集約することで、運用管理を統合でき効率化を実現できます。そのうえ、パブリッククラウドサービスを利用すれば、運用管理はサービス事業者が行うため、ユーザの負荷はほぼなくなります。また、クラウド化の際に移行ツールを有効活用すれば、安全で安心に、そして効率よくクラウドへ移行することができます。

さらに、ネットワークのパフォーマンスなどの品質管理にはモニタリングを継続することが大切です。モニタリング業務にツールを導入することで、高い生産性のもと継続的に行うことができ、運用管理担当者の負荷軽減と高いネットワーク品質の確保が両立できます。

製品紹介

PAGETOP