「Microsoft Lync / Skype for Business / Teams」でビジネスを活性化させる

Microsoft Teams/Skype for Businessソリューション カタログ

テレワーク

場所や時間にとらわれない柔軟な働き方が可能となることで注目されているテレワーク。ITの活用によって、オフィスに在席していなくても業務を行えるよう環境を整備します。テレワークは業務効率化やスピードアップ、TCO削減、さらには従業員の満足度向上など、企業に数多くのメリットをもたらします。各種ソリューションを適材適所に活用することで、テレワークを効果的に実践できます。

課題
在宅勤務、モバイルワークを実現したい

在宅勤務やモバイルワークといったテレワークを実現するには、業務端末としてPCやソフトウェア、メール、グループウェアなど、社内システムにインターネット経由で接続できる環境が必須です。また、テレワークとはいえ自分一人で完結する業務は少なく、上司や同僚との会議、取引先との打ち合わせなどのコミュニケーションも必要となってきます。在宅勤務やモバイルワークには、さまざまな場所からコミュニケーションをとれる仕組みが欠かせません。

解決
クラウドを利用した効率的なWeb会議を実現

テレワーカーが社内外とコミュニケションするためのプラットフォームは、Teams/Skype for Businessを中心に各種ソリューションを組み合わせ、Web会議などの環境を整備すると効果的です。オフィスに在席していなくても、円滑なコミュニケーションが可能となります。
しかも、クラウドベースのコミュニケションプラットフォームなら、導入が短期間で容易に行えて変更も柔軟にできるうえ、コストも抑えられます。また、既存サーバをクラウドへ移行する場合も、ファイルやディレクトリのアクセス権限などのセキュリティを保ったまま、効率よく移行できます。

製品紹介

課題
外出先から会議に参加したい

普段から外出が多い場合、外出先にいてもWeb会議に手軽に参加できるなど、モバイルワークにおけるビジネス環境の充実化にニーズが多くなっています。また、品質に関しても、クリアな音声や映像で会話できるなど、オフィス在席時とほぼ同じようにコミュニケーションがとれることが理想といえます。

解決
高品質でセキュアなシステムで会議を大幅に効率化

Teams/Skype for Businessをはじめとするソリューションを利用すれば、モバイルワークでも手軽にWeb会議に参加し、テレワークを高品質かつセキュアにやりとりできる環境を容易に構築することができます。加えて、利用しているPCの仕様や好みなどに応じて、WebカメラやヘッドセットなどのUSBデバイスで補完し使い勝手を向上させることで、ビジネスをさらに効率化することができるでしょう。もちろん、デバイスもPCのみならず、スマートフォンやタブレットでも同様に、Web会議に参加することが可能です。

製品紹介

課題
外出先から社内電話番号を使った外線発信をしたい

モバイルワークの中で業務内容によっては、自宅や外出先から社内電話番号を使った外線発信が必要となるシーンもあります。最近では、こうした外線発信が可能なテレワーク環境を整備できるソリューションも増えてきています。Teams/Skype for Businessのコミュニケーションプラットフォームを導入していれば、社内電話番号による外線発信を同一プラットフォーム内から行えるようにすることで、業務効率化にもつながります。

解決
クラウド利用で社内電話番号で外部からの発信を実現

社内電話番号を使って外線発信することは、Teams/Skype for BusinessにVoIPゲートウェイに組み入れることで実現することができます。その際、在宅勤務時に発信しやすくなるよう、プッシュボタン付きハンドセットを追加導入するなど、USBデバイスを有効活用すれば利便性がさらに向上します。

さらにクラウドやSD-WANも組み合わせることで、効果的な外線発信およびコミュニケーションの環境を整備できます。特にPBX機能は自社でサーバを構築して運用するよりも、Office365のクラウドPBXを利用すれば、構築や運用にかかる工数やコストを飛躍的に削減できるなど、多くのメリットが得られます。

製品紹介

PAGETOP