SDGsに向けた社内啓蒙活動

ABD読書会

ABD読書会は、1冊の本を分割して全員で分担して読み込んで共有するというスタイルの読書会です。自分が読んだパートを要約して紙にまとめ、壁に張り出し、本の流れに沿って順番にプレゼンを行います。その後、本の気になった点や、感想・意見をディスカッションするという流れです。SDGsをテーマに読書会を行うことにより、短時間でSDGsの実例を知るとこができ、当社事業活動の何がSDGsとリンクするかを考える機会としました。

SDGsロールプレイング

国連で採択された17の国際目標を、私たちの世界・社会が現在から2030年までにどのように達成しているかの道のりを体験する企画です。
経済・環境・社会の観点から「誰も取り残さない社会」を実現すべく、各々が考え、行動します。ロールプレイングを通して、楽しみながらSDGsを実践する際に必要となる多様な視点・考え方を学ぶ機会としました。

住友商事/サステナビリティ推進部からのセミナー

当社のサステナビリティを検討するにあたり、住友商事サステナビリティ推進部へ依頼し、グループのサステナビリティに関するセミナーを企画しました。住友商事グループの6つのマテリアリティ特定の経緯や、SDGsとの関連を知ることで、サステナビリティの重要性を認識してもらい、社内啓蒙活動を促進させる機会としました。

外部講師による社内向けSDGsセミナー

住友商事グループの6つのマテリアリティを特定する過程で重要となったSDGsに関する認知度・知識向上のために、全社員向けに東京・大阪・名古屋にて外部講師による社内セミナーを実施しました。
「企業がSDGsに取り組む理由」をテーマにさまざまな角度からの考えや、具体例を含めた説明を聞くことで、SDGsというワードを初めて聞く社員もいる中、認知度を上げる良い機会となりました。なぜSDGsが必要なのか、社員1人1人が自分事として考えることでビジネスチャンスを創出するきっかけとしてもらいたいと考えての企画でした。